認知度UPで向上した

家電リサイクル法の施行によって認知度が高まりました。

引越しや大掃除、リフォームや家の建て替えなど、いつの時代でも不要品は発生するものです。中でも冷蔵庫や洗濯機の大型電化製品や、タンスやテーブルなどの大型家具の不要品は、処分に困ってしまうものです。ひと昔前まで、こういった大型のゴミは全て粗大ゴミにカテゴライズされていました。しかし2001年からの家電リサイクル法の施行によって、特定の電化製品は捨てる事が出来なくなり、業者に有料で引き取ってもらう事が簡単な解決法となりました。それに伴い不要品回収業者の認知度や利用率が高まり、その数も増えました。家電以外の不要品回収でも自宅まで来てくれるので大変便利で、ここ数年は低価格で迅速な対応を行う業者が多いです。

回収料金の低価格化と、より一層のサービス向上が予測されます。

現在は様々な不要品回収業者が存在しており、価格設定やサービスが多様化しています。中でも特定のエリアに複数の不要品回収業者が存在する場合は、特に価格やサービスの競争が激しくなっています。不要品回収の価格は業者によって様々です。一個あたりの大きさや重さ、そして数量ごとに正確に見積もりを行う業者もいれば、依頼主のところに派遣するトラックの大きさやスタッフの数で料金が固定されている業者もあります。いずれの場合も、今後も価格競争によって低価格化が進むと予測されます。またサービス面の競争も激しく、現在は回収を依頼した当日の対応が可能な業者が多いです。今後はこういった迅速な対応以外にも、スタッフのホスピタリティー向上など、より一層サービスが向上するでしょう。


このエントリーをはてなブックマークに追加